All about Photonics

Products/Applications 詳細

ToFデモボード、1.2nsパルス28Aでレーザを駆動

EPC9144

January, 16, 2020, El Segundo--EPCは、EPC9144、15V、28A大電流パルスレーザダイオードドライバデモンストレーションボードの発売を発表した。

ToFシステムでは、物体検出のスピードと正確さが重要である。このボードで実証されたように、AEC Q101-認定EPC2216は、レーザダイオード、VCSELs、またはLEDsを駆動する出力パルスを出す。出力は、わずかな面積とエネルギー、コストで、競合するMOSFETの10倍までとなる。

eGaN FETsと集積回路は、最大限可能な大電流パルスを出力。短いパルス幅は、分解能を高める。また、小サイズと低コストによりeGaN FETsは、自動車から産業、ヘルスケア、スマートアドバタイジング、ゲーミング、セキュリティまで、ToFアプリケーションに理想的である。

EPC9144は、インタポーザボードを搭載している。ボードは、ブレイクアウエイ5mm×5mm平方インタポーザPCBsの収集。そのフットプリントは、様々なレーザ、RFコネクタ、多様な負荷による実験用に設計された他のフットプリントを収容する。インタポーザの利用により、どんなレーザでも、また他の負荷もマウントでき、ユーザは、各自のアプリケーションに適した負荷要件により性能をテストすることができる。

GaNは、廉価な、可能な高性能LiDARを実現するための重要要素である。したがって、GaNコンポーネントの利用は、精度増強が需要なアプリケーションの数を拡大する。これらのアプリケーションに含まれるのは、自動運転車、他のTOFアプリケーション、例えば顔認証、倉庫オートメーション、ドローンやトポロジカルマッピングである。EPC9144は、グラウンド基準eGaN FET、例えばクラスEあるいは同等回路を必要とするアプリケーションにも利用できる。
(詳細は、https://epc-co.com)