All about Photonics

Products/Applications 詳細

ユニバーサルロボットを制御するVeriSensビジョンセンサ

3510-0-DCH-600x338px

November, 27, 2019, Southington--新しいスマートVeriSensビジョンセンサXF900とXC900は、設定わずか数分以内でUniversal Robotsのコラボレーティングロボット(cobots)を制御する。
 ロボット適応ビジョンセンサは、ロボットに直接マウントするか、その上部に設置する。SmartGrid(特許申請中)により、画像歪、ワールド座標への変換、ビジョンセンサとロボットとの座標アライメントは、自動的に、極めて簡単に行われる。これは、従来必要とされていた、ロボットとビジョンセンサの精巧な手動「ハンドアイ」校正を不要にする。これは、より精密であるだけてなく、セットアップを数分ですます。ロボット適合XF/XC900モデルは、2019年12月から提供可能。
 そのビジョンセンサの導入と設定は、わかりやすく、容易に理解できる。これは特別に開発されたVeriSens URCapロボット制御によるものである。多様なVeriSens画像処理オプションの恩恵を受けるにはわずか数ステップしか必要でない。ロボットそのもののプログラミングでは、さまざまな業界で多くのアプリケーションがVision Guided Roboticsの利点から恩恵を受けるためには、2つの付加的コマンド(ノード)が必要なだけである。中継点で指示する代わりに、物体が視覚的に認識される自由位置を利用する。加えて、すでに確立された機能が、物体のオーバーラップやグリッパのクリアランスをチェックする。その上、VeriSensビジョンセンサは、例えば、フリーストレージエリアを確認し、所定のスペースにさまざまに置かれた物体の品質制御を行い、物体を特定、計測することができる。