All about Photonics

Products/Applications 詳細

フラウンホーファーIPMS、リアルタイムLi-Fi通信

3d rendering robotic arms with empty conveyor belt; Shutterstock ID 516050707; Fraunhofer Project Number: 515884; Job/Project: Presse Li-Fi Electronica; Ordering Party: WMS; Other:

November, 25, 2019, Dresden--オートメーション技術でも通信要求は高い。ここでは、メッセージは、マイクロ秒で送信されなければならない、例えば機械を同期させたり、相互に稼働させるためである。フラウンホーファーIPMSは、Li-Fiと時間センシティブネットワーキング(TSN)を統合して、リアルタイム、確定的データ伝送をワイヤレスで可能にした。
 以前は、ケーブルによるリアルタイムデータ伝送は、特別なフィールドバスシステムを使用して実行されていた。産業ロボットやオートメーション技術のモバイルアプリケーション向けには、これは適していない。フラウンホーファーIPMSは、Li-FiとTSNを統合して、ワイヤレスでリアルタイム、確定的データ伝送を可能にした。これにより、産業ロボット、動的製造セルなどのモバイルアプリケーションは、ワイヤレス、リアルタイム、TSN標準で交信できるようになる。
 「Li-Fiは、光によるワイヤレスデータ伝送技術であり、ミリ秒範囲の伝送時間を実現することができる。加えて、Li-Fiとのデータ接続は確実であり、一定品質である」とフラウンホーファーIPMSの開発長、Dr. Alexander Noackは説明している。Li-Fiは、したがって、リアルタイム、確定的データ通信には理想的DR。この方法で、TSNは、ケーブルなしでも実装可能である。
 TSNは、共通ネットワークを通じて、確定的、リアルタイムデータ伝送によって既存のEthernet標準を拡大する。特に、新しい製造分野では、高帯域と1ミリ秒以下の保証されたサイクルタイムが必要とされる。スピードが重視される優先制御のデータストリームは、これには不可欠である。
「これまで、TSN用リアルタイムデータ伝送は、有線だった。しかし、無線伝送が代替となるが、明確な制約がある。今日の無線規格、4G、LTE、W-LAN あるいは今後の5G無線規格などでは、マイクロ秒範囲のオートメーションから求められる遅延時間は、達成できない。フラウンホーファーIPMSは、TSNをLi-Fiホットスポットに組み込む」とDr. Noackは話している。