All about Photonics

Products/Applications 詳細

EMCORE、5G向けモデル1999 6GHz帯域同軸レーザモジュール

October, 28, 2019, Alhambra--EMCORE Corporationは、次世代ワイヤレスファイバオプティックリンクアプリケーション向けにModel 1999同軸DFBレーザモジュールを発表した。
 1999レーザモジュールは、6GHzを超える広帯域を特徴としており、5G、DAS、Lバンドおよびワイヤレス遠隔リンクアプリケーション向けに設計されている。
 5Gワイヤレスへの移行は、韓国のモバイルネットワークオペレーターの全3社で進行中であり、複数の都市で世界初の超高速5Gサービスを提供する。SK Telecomによると、本格的な5Gスマートフォンが利用でき、早期の結果から、5G顧客の間ではデータ利用の大幅な上昇がわかる。EMCOREの新しい1999レーザモジュールは、ウルトラリニア、同軸DFBレーザモジュールで、5Gワイヤレス光リンクに最適化された1270-1550nmで動作する。その設計は、一貫した高信頼ワイヤレス信号配信5Gネットワークの増加するデータ要求を満たすために帯域と信号インテグリティを強化するものとなっている。
 10dBmまでの光出力を特徴としている1999レーザは、強化された温度範囲-40 °C to +75℃で優れた光性能を提供。消費電力は極めて低い。1999は、高安定には外部TECで冷却できる。あるいは、TECなしで、さらに消費電力を下げることも可能。製品は、モニターPDとアイソレータとともにコンパクト気密封止アセンブリされている。これは、多様な送信機構成に柔軟に組み込めるようにするためである。