All about Photonics

Products/Applications 詳細

Osram、園芸照明にDuris S5パープルパワー

300dpi_Horti_Consumer

April, 15, 2019, Regensburg--Osramは、新しいDuris S5パープルを発表した。これは、赤と青の波長を単一のパープルLEDに統合したもので、これにより園芸アプリケーションは、これまで以上にコスト効果が高くなる。
 特定の色スペクトル、波長選択オプション、著しい低消費電力、一段と長い寿命は、保守と運用コストの低減になる。また、設計と制御機能の柔軟性向上が、LEDベース園芸照明の高まる需要を作り出している。
 プロ用園芸照明システムの設計者は、LEDを組み合わせた多チャネルソリューションを選ぶことが多い。これは、植物のライフサイクルの多様な段階、播種、発芽、栄養増殖、開花期などに光出力を適合させ、最適化できるからである。コンシューマ照明システムではコストと実装しやすさが、システム開発者がコンポーネント選定で注目する重要な要素である。
 多様な色、電圧、ビームアングルオプションの園芸LEDの包括的ポートフォリオ拡大のために、Osram Opto Semiconductorsは、新しいDuris S5パープルを発表した。
 植物の成長で最も重要な波長(450と660nm)の2つを1つのパッケージに統合することで、Duris S5パープルは特に、コストに敏感なアプリケーションに、コスト効果の高いソリューションを提供する。同LEDは、0.3Wと1.0Wが利用可能であり、屋内コンシューマ市場の園芸照明システムに理想的である。
 同ソリューションは、画期的な蛍光スペクトルを高光合成光量子束(PPF)、高品質エポキシリードフレームなどのプログレード材料、Osramのサファイアチップ、ロバストなシリコーンを利用しており、広範なストレステストで品質認定されている。Duris S5パープルは、Duris S5ライムと混合して、収穫や外観検査に適した、高品質白色光を生成する。
 Osram Opto Semiconductorsは、新しい独自のフルスペクトル白色Durisを多様な電圧オプションで提供している。これらは、標準的な白色LEDと比べるとハイパーレッド、遠赤色の比率が高い。
(詳細は、https://media.osram.info)