All about Photonics

Products/Applications 詳細

JABIL AOCテクノロジーズ、内製コヒレント100/200G CFP2-DCO

March, 19, 2019, Pleasanton--Jabil Incの完全子会社、AOC Technologiesは、コヒレント100G/200G CFP2-DCO製品ファミリを発表した。
 Jabilの戦略的パートナー、Elenion Technologiesとの提携で、次世代シリコンフォトニクス(SiP)コヒレントエンジンによって可能になった、Jabil AOCのCFP2-DCO製品とElenionの高集積コヒレントシリコントランスミッタとレシーバ(CSTAR) SiPエンジンは、設計されており、最先端の精密光アンブリおよびクラス最高の製造によって内製されている。
 JabilのCFP2-DCOは、16nm CMOSローパワーデジタルシグナルプロセッサ(DSP)を組み込んでいる。これにより、従来の100G/200Gメトロ、DCI、LH DWDMアプリケーションだけでなく、DP-DQPSKベースで少なくとも40kmの増幅器なしのアクセスネットワーク向けリンクで100G P2Pコヒレント伝送が可能である。
 「当社の新しいCFP2-DCO製品ファミリは、広範なネットワーキングアプリケーションをサポートできる」とJabil AOC TechnologiesのVP/ジェネラルマネージャ、Cyril McKelvieは言う。「Jabilは、光ネットワーキングの戦略分野に取り組んでいる。これによって、サプライチェーンは簡素化され、顧客は差別化された価値の提供に集中できる」。
 新しいCFP2-DCO製品ファミリは、Elenionとの合弁で成功したJabil CFP2-ACOから実績あるSiP技術を利用している。
 CFP2-DCOモジュールのサンプル提供開始は、2019年半ばの予定。
(詳細は、https://www.jabil.com/)