All about Photonics

Products/Applications 詳細

タイヤのQRコードマーキングが量産段階

Smartphone-SCANNECT-App

February, 21, 2019, Hanover--4JET Technologiesのソリューション、機械読み取り可能QRコードで個別に耐久性のあるマークをタイヤに入れるソリューションは、自動車OEMsで量産になっている。BMWグループの最初の量産モデルは、2018年秋以来、その新技術が適用されている。同時に、トラックタイヤの大手2社が、2019年量産予定の新プロジェクトでQRコード導入を選択した。
 現在、3大陸の約20のタイヤ工場がすでに、経済的なコストで、耐久性があり、機械読み取り可能なコードの要件を満たすことができている。複数の自動車メーカーとタイヤメーカーが、追加プロジェクトを予定している。
 SCANNECT (“scan and connect”の短縮)アプリケーションによりタイヤは全ライフサイクルを通じて追跡可能となる。4JETは、広範な技術パッケージを開発した。
 ソリューションのコアは、タイヤに個々のQRコードマークをつけるレーザ加工である。QRコードは、タイヤのサイドウォールに刻み込まれ、耐久性があり、摩耗に対して保護されている。刻印の高コントラストによりコードは、光学読取法で高信頼読み取り可能である。業界で実証済みの読取りシステムが、タイヤ物流用に開発されており、読取り率>99.9%が保証されている。
 さらに4JETは、モバイルアプリに組み込めるSCANNECT App、ソフトウエアモジュールを開発しており、これによりタイヤの低コントラストサイドウォールのQRコードを読み取ることができる。“app-in-app”ソリューションにより、オンラインショップ、フリート管理ソリューションなど、モバイルアプリケーションにコード読取りを簡単に組込みできる。
 プロセスの品質管理には、4JETは、グレーディングソリューションを開発している。これによりコード品質は、インラインまたはデスクトップ機器で評価できる。
(詳細は、https://www.4jet.de)