All about Photonics

Products/Applications 詳細

致死性黒色腫で血管成長の変化をイメージング

January, 11, 2019, Maidstone--新しい臨床研究により、黒色腫のダイナミックOCT(D-OCT)が、黒色腫の浸潤深度と関連する血管の変化を明らかにすることが示された。研究者は、所与の黒色腫の危険度を迅速に評価する新しい方法につながると考えている。
 より迅速なリスク評価により、重大な浸潤性疾患の患者は適切な処置に直接アクセスできるようになり、従来の診断に内在する遅延を排除することができる。
 その技術は、歩哨リンパ節生検を受ける侵攻性があまり強くない患者数を減らすことにもつながる可能性がある。このような生検は、高価な入院患者処置であり、不快な長期副作用をともなうことがある。
 この臨床研究は、Experimental Dermatologyに発表された。多様な病状進行、127黒色腫のOCT画像で血管形状を観察。127黒色腫は、ヨーロッパの主要な皮膚科、4グループから集めたものである。使用した機器は、Michelson Diagnosticsの VivoSight OCTスキャナ。これは欧米およびオーストラリアで皮膚のイメージング臨床利用で規制当局の認可を受けている。また、Dynamic OCTソフトウエアを装備しており、皮膚と腫瘍の微小血管を検出、表示する。
 Breslow深さ(生検サンプルで計測された腫瘍の厚さ)はLED初期段階から重大転移性疾患までの病気の進行を評価するためにすでに使用されているが、検査結果が研究室から戻ってくるまでにかなりの時間がかかる。この新しいイメージングアプローチは、進んだ転移性黒色腫をより迅速に評価するショートカットを提供するものである。目的は、患者が迅速に適切な処置を受けることである。
(詳細は、https://vivosight.com/)