All about Photonics

Products/Applications 詳細

Smartoptics、ローコスト100GDWDM PAM4ソリューション

December, 26, 2018, Oslo--スマートオプティクス(Smartoptics)は、新しい、コスト最適化された完全自動化100G DWDMソリューションを発表した。
 このソリューションは、Smartoptics DCP-Mオープンラインシステムと100G PAM4 QSFP28 DWDMトランシーバを使い、オープン100G DWDMトランスポートを提供する。独自のローコスト、低消費電力ソリューションは、データセンタインタコネクト(DCI)、メトロアグリゲーション、分散アクセス、80kmまでの距離に最適化されており、QSFP28フォームファクタトランシーバで新たに標準化されたPAM4を利用する。
 Smartopticsの新しい100G DWDMソリューションは、80kmまでの短距離、中距離インタコネクト向けであり、顧客にとってはコストを下げ、フレキシビリティを拡大する内蔵トランシーバとオープンラインシステムを利用する同社のローコストDWDMトランスポートにおける歴史を拡大するものである。QSFP28形状で100G PAM4トランシーバを利用し、アクティブ、ゼロタッチ、オープンラインシステム設計とすることで、Smartopticsは独自の100G DWDMソリューションを実現した。これは、DCI、メトロアグリゲーション、固定およびモバイルネットワークの分散アクセスなどのアプリケーションに最適であり、同時に優れた経済的利点を提供するオープン光ネットワーキング原理にしたがっている。

 このソリューションは、100G PAM4 QSFP28 DWDMトランシーバとアクティブマルチプレクサDCP-Mファミリを統合している。アクティブマルチプレクサDCP-Mファミリは、プラグ&プレイオペレーションのために、完全自動クライアントとラインサイドコントロールループを持つ。Smartoptics DCP-Mは、8~40チャネルの4バージョンがある。ロースト100G DWDM PAM4トラフィックあるいは、PAM4、NRZ、コヒレント100G、または400Gチャネルのいずれかの専用となる。このソリューションの設計は、1ファイバペアで4Tbit/sまでの帯域を提供し、6W/100G以下の電力消費、PAM4技術で導入されると1Uデータセンタラックススペースとなる。著しく低密度の従来タイプコヒレントソリューション、45W/100Gと比較すると、このソリューションは前例のない運用効率を提供する。
 スイッチ/ルータが組込100G PAM4トランシーバを考慮していない、あるいは専用の境界点を必要とする状況に対応するために、この100G DWDMソリューションは、100G DWDM PAM4向けに新しいDCP-108高密度、8チャネルトランスポンダを含んでいる。

SmartopticsのCEO、Magnus Grenfeldt氏は、「当社は昨年、データセンタと他の主要ネットワークロケーション間の100G DWDMに向けてオープン光ネットワーキングプラットフォーム強化に時間を費やした。その結果は、前例のない特徴と使いやすさを持つオープンラインシステムであり、エンタプライズ、政府、サービスプロバイダに、サイト間の相互接続を最も容易かつコスト効率を高めることができる」とコメントしている。