All about Photonics

Products/Applications 詳細

Lextar、3D奥行きセンシング向けにVCSEL製品を発表

_20181112141910_97852

November, 19, 2018, Taiwan--LextarはVCSEL製品ポートフォリオを発表した。製品は、ジェスチャ認識、人検知、顔認識、ドライバーの疲労検知を含む3D奥行き検知アプリケーションに利用できる。
 LextarのVCSEL PV88Mコンポーネントシリーズは、主に3D奥行き検知モジュールの光源に適用される。製品は、様々な波長、輝度、パッケージサイズ、ビームアングルの選択(45~100°)が可能。このシリーズは、顧客要求に基づいて多種のセンシングシステムに適用可能である
 ミュンヘンで開催されたElectronica 2018では、Lextarはカメラモジュールとソフトウエアを組み込んだVCSEL製品を紹介した。ジェスチャ認識では、ユーザーは、ジェスチャで車輌の制御システムをコントロールすることができる。例えば、オーディオボリュームの調整、メニューからの選択、電話応答/ハングアップなど。顔認識では、このシリーズは顔を認識して、写真と人物を区別できるので、通常セキュリティシステムに適用できる。人検知アプリケーションでは、人を認識し、身長を検知できるので、高齢者と子供のモニタリング、高齢者転倒検出、あるいはモールでの人数計測に最適である。さらに、ドライバー疲労検知アプリケーションでは、目を閉じていたり船を漕いでいたりする状態を含め、疲労反応を検知して、安全運転を強化できる。
 Lextar Electronicsによると、現在の3Dセンシングの主流は、立体視、パタン投影とTOF(Time of Flight)をカバーする。LextarのVCSELコンポーネントは、TOF計測を採用することで、高速スキャニング、長距離、高効率、周辺光に対する高い耐性などの利点があり、徐々に3Dセンシング市場の主要トレンドになっている。VCSELの開発深化によりLextarは、世界の上位モバイル電話メーカーのサプライチェーンになり、すでに製品を供給し始めている。このことは、3Dセンシング市場への参入で大きな意味をもつ。