All about Photonics

Products/Applications 詳細

コムスコープ、伸びる帯域需要に向けて高速ソリューション

March, 31, 2017, Hickory--来年までに、電話から遠隔ゲーミングまで、約300億の接続デバイスが見込まれている。これは一人当たり5台であり、世界中のデータセンタに対する需要は莫大なものになる。コムスコープ(CommScope)は、高速、高信頼データセンタインフラストラクチャ向けに俊敏、高密度、クラウドフレンドリソリューションをData Centre Worldで紹介している。

帯域の継続的な成長に応えるコムスコープの最新ソリューション
・CommScopeのLazrSPEED WideBand OM5は、100Gと400G要求適合を考慮し、次世代データセンタに貢献し、マルチモードデータセンタの適用性を広げる。OM5は、最近ISO/IECにより指定されたもので、短波長分割多重(SWDM)の性能を強化し、レガシーMMFとの下位互換性を維持しながら、利用可能な帯域を少なくとも4倍に増やす。
・接続デバイスの数が増えるにともない、これらデバイスの位置がますます重要になる。CommScopeのImVision自動インフラストラクチャマネージメント(AIM)システムは、何が、どのように接続されているか、それがどこにあるかを正確に知っている。統合されたハードウエアとソフトウエアプラットフォームが、物理層全体を管理する。AIMが機能停止を特定しない場合、ことわざに言う、干し草の山から針を探すに等しい。

SWDMとLazrSPEED WideBand OM5ソリューションの利点
・OM4のレガシーアプリケーションをサポート
・ファイバ当たり>100G容量増
・40Gと100Gで単一ペアEthernetが可能
・128G シングルペアFCが可能
・パラレルファイバ数が1/4に減少
・MMF利用を汎用メディアに拡張

(詳細は、www.commscope.com)