All about Photonics

Products/Applications 詳細

400G 物理層PAM4トランスミッタ評価ソリューションをアップデート

December, 20, 2016, Beaverton/東京--テクトロニクス(Tektronix, Inc)は、DPO70000SXシリーズオシロスコープによる、400G物理層のトランスミッタ設計検証のためのPAM4ソリューションのアップデートを発表した。
 最新のリリースでは、PAM4のエラー検出機能、業界トップクラスのSNDR(Signal to Noise and Distortion Ratio、信号対ノイズ、歪み比)測定機能、新しい拡張FFE/DFEイコライゼーション機能が、優れた操作性を持ったソリューションで実現されている。

市場の要求に応えるために、シリアルデータレートは56Gbps/chに近づきつつある。このため、IEEE 802.3bsやOIF-CEIなどのさまざまな400G規格グループは、NRZ信号変調技術から、帯域効率に優れたPAM4変調へ移ってきた。多くの規格は現在も進化しており、400G設計技術者はPAM4トランスミッタ測定の複雑さに悩まされている。今回発表する最新のPAM4ソリューションでは、すべてのPAM4測定機能を1つのアプリケーションに統合することにより、複雑さを軽減している。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャ、Brian Reich氏は、「25Gbps、50Gbps製品の設計技術者は、NRZからPAM4への移行で苦労している。当社の最新のPAM4ソリューションは、数多くのPAM4測定機能を、使いやすい1つのユーザエクスペリアンスに統合している。また、DPO70000SXプラットフォームの優れた信号アクイジション機能により、PAM4のコンポーネント/システムの特性評価で優れたマージン性能を得ることが可能になる」とコメントしている。

IEEE、OIF-CEI規格の最新版に対応する、新しいPAMソリューションの特長は以下の通り
 エラー検出と表示 - 繰返しのシンボルパターンは自動的に認識されるため、SER(Symbol Error Rate)とBER(Bit Error Rate)の値は蓄積され、レポートされる。エラー・ナビゲータにより、個々のシンボル・エラーは取込んだ波形内に、前後関係の情報と共に表示される。
 業界トップクラスのSNDR測定機能 - 今回のリリースでは、重要なSNDR測定機能が新たにサポートされている。DPO70000SXシリーズATIベース・オシロスコープは業界トップクラスの信号忠実度により、最高34dBのSNDR測定機能を備えている。
 イコライゼーション・サポート - 今回のリリースでは、最新のIEEE 802.3bsの400G仕様で規定されている、拡張FFE(Feed Forward Equalization)とDFE(Decision Feedback Equalization)の信号コンディショニング要件を含んでいる。
 PAM4ソリューションは、DPO70000SXシリーズ、70GHz、50GHzオシロスコープ独自のATI(Asynchronous Time Interleaved、非同期タイム・インターリーブ)技術を利用しており、優れた低ノイズ性能と測定確度を実現している。同期型のタイム・インターリーブ・アーキテクチャを使用した、従来のオシロスコープはノイズが大きく、また帯域が十分にないためにこのような複雑な電気信号と光信号のノイズとジッタが効果的に分離できない。ATIで取込んだ信号と新しいPAM4ソリューションにより、従来のリアルタイム・オシロスコープでは実現できなかった優れた測定確度と操作性を実現する。