All about Photonics

Products/Applications 詳細

PolyU、鉄道モニタリングに光ファイバセンシングネットワーク導入

November, 7, 2016, 香港--香港理工大学(PolyU)独自の鉄道モニタリング光ファイバセンシング技術が、初めて海外のシンガポール地下鉄で採用された。列車をモニタするために軌道で光ファイバセンシングネットワークを導入することの他に、センサはサービス中の列車に導入して列車が走る軌道もモニタする。
 PolyUは、走行中の列車の軌道を連続的にモニタする光ファイバセンサを世界で初めて利用する。交通が途絶えた後に軌道を点検する通常の方法に比べて、新しいシステムは列車運行中に軌道を連続モニタする。これは、故障を迅速に特定し調整することで、サービスの信頼性を高める。この新しい保守行動は、ますます高まるサービスの信頼性に対する期待に最高度に対処できることから、世界中の鉄道産業でトレンドになると期待されている。列車のモニタリング用に軌道にインストールされ、また列車のモニタリング用に列車にインストールされた光ファイバセンシングネットワークの利用は、鉄道で最もミッションクリティカルな2つの要素の最も効率的なメンテナンス法でもある。
 シンガポールの地下鉄網で最も列車本数の多い2線、SMRTのEast West LineとNorth Soouth Lineにトータルで6グループのセンサが導入されることになっている。
 SMRTとの契約は2016年2月に締結され、トライアル運航は6月に完了した。永久モニタリングシステムは現在2ラインにインストール中であり、完了は2017年早期の見込み。PolyUは、SMRTの職員にシステム運用トレーニングを行い、モニタリング中に収集されたデータは、必要な際に分析するためにリアルタイムでPolyUに伝送できる。