All about Photonics

Products/Applications 詳細

フィニサ、業界初の波長可変小型RoF送信モジュール

March, 5, 2014, Sunnyvale--フィニサ(Finisar Corporation)は、業界初の3GHz RF-変調波長可変光トランスミッタ小型形状モジュールで実現した。
広いRFダイナミックレンジを持つこのトランスミッタは、携帯電話バックホール、分散アンテナシステム、GPS信号分配に適している。同モジュールは、現在のノンチューナブル(固定波長)ソリューションと比べてスペースと消費電力が半分になる。このプラガブルXFP-RFトランスミッタは、フィニサのラックマウントシステムに組み込まれる。同システムは、1つのラックユニットに最大10個のトランスミッタを収容し、ネットワーク装置メーカーはこれらのポートを既存の光プラットフォームに組み込む設計が可能になる。トランスミッタは、有線テレビ技術者協会(SCTE)が発表したXFP-RFトランスミッタ(SCTE 195 2013)のインタフェース仕様に適合。
フィニサのXFP-RF光トランスミッタモジュールはDWDMアプリケーションに最適になっており、多数の光信号を1本のファイバに統合することによって既設のファイバインフラで帯域を飛躍的に増やすことができる。このトランスミッタモジュールは、Cバンド全域で最大88波までの波長をチューニングできる。このため、固定波長のトランスミッタ在庫を減らし、複雑なDWDMネットワークのプロビジョニングが容易になる。
この製品のサンプルは顧客の評価用に提供している。