All about Photonics

Products/Applications 詳細

IDフォトニクス、超狭線幅チューナブルレーザ光源を共同開発

March, 5, 2014, Neubiberg--IDフォトニクス(ID Photonics)は、テラクシオン(Teraxion)と共同開発した新しい超狭線幅チューナブルレーザ光源で同社のレーザポートフォリオを拡張する。IDフォトニクスは、コヒレントチューナブルレーザソリューション向けのテスト&計測プロバイダ。
新しいレーザ光源の線幅は1kHz以下であり、100Gbpsを超える次世代コヒレントR&Dアプリケーションをターゲットにしている。製品はOFC2014で発表される予定になっており、CoBrite多チャネルレーザプラットフォームで使用する。また、すでに市販されている光源、異なるシャーシとともに使用して現在および次世代の伝送フォーマットのテストを極めて柔軟に行うことができる。
「将来の伝送速度はコンステレーションサイズ、ボーレートを高めることで可能になる。これは、現在の100Gbps DP-QPSK技術と比べると、狭線幅光源に対する要求が一段と厳しくなることを意味する。当社の新しい光源は、次世代のネットワークの評価、研究を行う研究者、システム設計者をサポートするものである。光源は、現在の多チャネル動作用としてはクラス最高のチューナブル狭線幅レーザであり、これによりCoBriteレーザプラットフォームは、将来の超大容量ネットワークアーキテクチャの評価用に末永く使える投資となる」とIDフォトニクスのCEO、David Stahl氏はコメントしている。
このウルトラ狭線幅レーザは、サンフランシスコで3月11-13日に開催されるOFC2014、ブースNo.3556に展示される。