All about Photonics

Products/Applications 詳細

GigPeak、低消費電力32Gbps リニアコヒレントTIA発売

September, 23, 2016, San Jose--ギグピーク(GigPeak, Inc)は、長距離(LH)とメトロの両方のアプリケーションで使用する100Gbpsから200Gbps DWDM光レシーバ用に設計されたGX32222 32GbpsデュアルチャネルリニアTIA/VGAトランスインピーダンスアンプリファイア(TIA)を幅広い顧客に提供すると発表した。
 この基本的なTIA設計により、現在導入されている多数の100Gbpsおよび200Gbpsコヒレントシステムの光レシーバモジュール、将来の400Gbps以上のアプリケーションでこのTIAが利用できるようになる。GX32222は、多数の選定顧客による最初のサンプリング完了後、現在一般にサンプリング提供している。
 GX32222 TIAは、ますます増加する100GメトロとLH WDMアプリケーション向け競合ソリューションに対して、低消費電力とコストで優位性がある。調査会社Ovumは、2016年以降、2020年までの4年、100Gポート出荷はCAGR 25-30%で伸び続けると予測している。一方、ラインカードとプラガブルモジュール向けで、次世代高速コヒレント単一波長ソリューションが増加する。
 GX32222 TIAの主な特徴は、28~32Gbpsをサポートする周波数範囲に調整、3.3Vで515mWの低消費電力、差動利得>7000ohm、ダイナミックレンジ30dBでリニア利得など。