All about Photonics

Products/Applications 詳細

イーグルヤード、星のカウンティング用にレーザダイオード供給

September, 21, 2016, Arlington--イーグルヤード・フォトニクス(eagleyard Photonics)からの2つのレーザダイオードが欧州宇宙機関(ESA)のbillion-star surveyor(10億の星測量) Gaiaに搭載され、動作している。単一周波数レーザダイオード14pinバタフライパッケージのDFB-852は、銀河の最も正確な3Dマップを作成するというGaiaのミッションを達成するために2台の望遠鏡を正しい位置に保持する。
 1000日前に打ち上げられたGaiaは、2014年7月に科学観測を開始した。イーグルヤードが提供した完全品質認定のレーザダイオードは、2010年に、システム組込に向けてエンドカスタマーに出荷された。ESAのGaiaサテライトからの10億を超える最初のカタログは、近い将来に予定されているもっと充実したカタログの先駆けとして出版された。この最初のリリースは、2015年9月まで、最初の14カ月で空を走査して収集したデータに基づいている。
 銀河についてこれまでに作成されたなかで最も詳細な3Dマップを組み立てる途上で、Gaiaは11億4200万の星の空における正確な位置と輝度を明らかにしている。また、200万個以上の星の距離と空における動きも特徴づけている。
(詳細は、www.eagleyard.com)