All about Photonics

Products/Applications 詳細

アラスカの大麻栽培企業がヘリオスペクトラを選定

August, 4, 2016, Gothenburg--スウェーデンの制御環境園芸用LED照明メーカー、ヘリオスペクトラ(Heliospectra AB)は、アラスカの認可された大麻栽培ファシリティがヘリオスペクトラのLED照明システムを選定したと発表した。
 Green Leafのオーナー/オペレータ、Aaron Bean氏は、ヘリオスペクトラ LEDベースソリューションが大麻の成長周期のすべての段階をサポートする力と多様性をもつ市場で唯一の製品であると判断してヘリオスペクトラを選定した。
「われわれの洞察力のある顧客のために最高品質の大麻を栽培する目的で当社はヘリオスペクトラを選定した。独立の栽培者レポートによると、ヘリオスペクトラのシステムは、収穫を5~14日早める。これは、グリーンリーフにとって生産と収入が増えることを意味する」とAaron Bean氏はコメントしている。
 グリーンリーフは、Heliospectra LX601C照明システムをSitkaの大麻栽培ファシリティに導入した。LX601Cは、市場No.1の屋内照明アプリケーションである。世界最大屋内LED利用大麻栽培ファシリティを含む。630Wの光分配フィクスチャにより、広く均一な配光を維持しながら光を作物に近づけることができる。先端的スペクトルコントロールにより栽培者は各波長の光強度を操作し、作物にとって最適生育環境を作り出す。開花期を減らしHVACコストを1/2カットして生産速度を高めた結果、投資に対する収益の回収が早まると生産者は報告している。
「Aaron Beanのような大麻栽培産業のリーダーは計算して、ヘリオスペクトラのソリューションが収益を最大化するための最速の道であると見抜いている。50~70%の電力、HVAC節約と最高品質の作物の収穫を早める能力を組み合わせると、ヘリオスペクトラが技術的に最先端のソリューションであるだけでなく、最もコスト効果が高い選択であることは容易に理解できる」とヘリオスペクトラの販売・マーケティング担当VP、Caroline Nordahl Wells氏は話している。