All about Photonics

Products/Applications 詳細

ボーイング、Optical Air Data Systemをデモ

August, 3, 2016, Littleton--オフィール(Ophir Corporation)のOptical Air Data Systemが、2016年8月と9月に開催されるボーイングecoDemonstrator Programの一環としてのEmbraer E170ビジネスジェットのデモンストレーション用に選ばれた。
 光検出と距離センサで航空機の真対気速度、迎え角、横滑り角、外気温度、静的局所気圧を全ての気象条件と高度で計測する。冗長エアデータ計測を提供することで、潜在的にこれが飛行の安全性、計測の有効性と信頼性を高めることになる。
 オフィールのOptical Air Data Systemは、完全な大気データシステム。これは、着氷などのある気象条件でパフォーマンス劣化の影響を受ける従来のエアデータシステムを強化するために使われることがある。この増強システムは、不適合な従来型のエアデータプローブの置き換えにより有害抵抗を減らし飛行効率を向上させる。オフィールのシステムを利用することでエアデータシステムの生涯費用を減らすことも見込める。
 オフィールは、軍や商用顧客向けにレーザレーダ航空電子機器を開発し、製造している。