All about Photonics

Products/Applications 詳細

NEL、業界初の16nm 100G/200G超低電力コヒーレントDSPを発表

March, 23, 2016, 東京--NTTエレクトロニクス(NEL)は、100Gb/s QPSK 長距離および200Gb/s 16QAMメトロ光リンクに適用可能な、超低消費電力デジタルコヒーレント信号処理回路(DSP)の新製品ExaSPEED 200 を発表した。
 業界をリードする高性能200G DSPコアと低電力100G DSP コアに、ビジネス提携しているBroadcom社の最先端16nm CMOS Fin-FETアナログ・デジタル混載技術を組み合わせた。従来の20nm低電力製品*2と比べても消費電力を半減、100Gあたり僅か10Wで高性能デジタルコヒーレント変復調処理を実現。
 また、新製品ExaSPEED 200 は、階段符号(Staircase Code)を用いて訂正能力を強化した誤り訂正符号(EFEC)も集積化した。業界標準である同符号を内蔵することで、数百kmにおよぶメトロ光リンクにおいてもオープンなネットワーク環境を提供し、機能ごとに光通信機器を分割するディスアグリゲーションに貢献する。大手のサービスプロバイダは、ダイナミックに光ネットワークを管理・計画・監視・最適化して抜本的なコスト削減を図るため、SDNのコンセプトに基づくフレキシブルな光ネットワーク基盤を志向している。NELは、コヒーレントDSPの革新により、フレキシブルで、ソフトウェアによって設定可能な、複数のベンダから調達が可能で、機能ごとに分割され、たとえ異ベンダ間であっても対向接続できる光通信「ホワイト・ボックス」実現に貢献する。
 メトロ光リンクにおけるオープンな対向接続性に加えて、新製品ExaSPEED 200 は、「ホワイト・ボックス」として期待される光トランスポンダ・ブレードの開発を加速するツールキット Blade Design Suiteを一緒に提供。光通信性能を確認できるシミュレータや、回路図や高周波レイアウトを参照できるリファレンスデザイン基板、ブレード制御ソフトウェアにそのまま組み込めるライブラリ(SDK: Software Development Kit)など。SDKに含まれるAuto Calibration ライブラリを使えば、CFP2-ACO光トランシーバモジュール毎に異なるDSPとの接続調整も簡単になる。
 「Keysight N4391A 光モジュレーションアナライザ(OMA)は、ユーザのカスタムDSPアルゴリズムでも性能検証が可能である」と同社ディジタル&フォトニック計測部門のシニア・マーケティング・ディレクタ、ヨアキム・ピーリング氏はコメントしている。「NELのExaSPEED DSPアルゴルズムをアップロードすることで、設計者は、100G/100G超のコヒーレント・コンポーネント/モジュール/システムのより正確かつ現実的な検証結果を迅速に取得し、深く考察することができる」。
 NELとKeysightは、OFC2016富士通オプティカルコンポーネンツ(FOC)のブースで、ExaSPEED 200をアップロードしたOMAによる200G 16QAM光ファイバ伝送復調を実演する。また、NELブースでは、主要CFP2-ACOサプライヤ5社(Finisar、FOC、Lumentum、NEC、Oclaro)の協力を得てExaSPEED™200 Blade Design Suite を展示する。
 新製品ExaSPEED 200は、2016年度の第1四半期前半にサンプル出荷を開始、2016年度の後半には量産する計画。