All about Photonics

Products/Applications 詳細

TE SubCom、次世代海底システムで13Tbps 6500km伝送

January, 9, 2014, Eatontown--TE SubComは、コヒレント伝送を利用する2番目の海底光ケーブルシステムの導入を完了し、再生無しで6500kmの距離で伝送容量13Tbpsを達成した。
この新しいシステムは、最長距離6500kmの汎アジア(pan-Asian)システムで、TE SubComの最初のコヒレントシステム、約1350kmと接続する。これら2つの海底システムは次世代コヒレント伝送を実証するものであり、将来の要求に備えながら今日の容量ニーズに応えるものである。
今回のデモンストレーションは、特別設計の海底ファイバプラントとTE SubComの商用コヒレントC100Uラインカードを組み合わせたもので、ラインカードは100Gbps動作向けの同期変調を特徴とする。使用した光ファイバはコヒレント伝送に最適化されており、これにより分散131,000ps/nm以上となる。C100Uラインカードは300%のスペクトラル効率を達成するためにナイキストチャネルスペーシングを採用。また、同ラインカードはEDCをサポートし、特許技術同期変調を採用している。このEDCにより、システムは陸上、海底を問わず光補償なしで最大12000km伝送が可能になる。