All about Photonics

Products/Applications 詳細

クリー、IoTを可能にするSmartCast PoEを発表

February, 24, 2016, Durham--クリー(Cree, Inc)は、SmartCastパワーオーバーEthernet(PoE)、直感的にシンプルで拡張性があり、オープンなプラットフォームを発表した。
 SmartCast PoEは、Cisco Digital Ceilingフレームワークの大量普及を可能にする初のLED照明プラットフォーム。クリーのSmartCast PoEはインテリジェンスを内蔵しており、これによりビルは一層効率的になり、人々は一段と生産性が向上する。同時に、通常のLED照明システムよりも少ないエネルギーでより優れた照明を提供する。
 同ソリューションは、Cisco Live! Berlinで発表された。これはCisco Digital Ceilingフレームワークの一環。このフレームワークは、異種のシステムを接続して単一のIPネットワークにし、スマートでより安全な、シームレスに接続されたビルシステムを構築する。クリーは、パートナーのネットワークであるDigital Ceilingパートナーコミュニティに参加している。このパートナーネットワークは、新しいユーザエクスペリアンスを作り、トータルコストを下げ、ビジネス分析を可能にするインテリジェントなモノの接続を通じて従来の労働力を強化するために活動している。
 「われわれがCiscoと開発している新しいコネクティッド照明技術は、クリーのSmartCast技術とインターネットのコミュニケーション力を活用してよりよい照明を提供し、標準的なLED照明よりも70%までの節約を実現する。Ciscoとともにクリーは、従来の照明ソリューションでできることを超えてIntelligent Lightを先に進める」とクリーの照明担当エグゼキュティブVP、Norbert Hiller氏はコメントしている。
 クリーは、同社の実績あるインテリジェントSmartCast技術をPoEインフラストラクチャに適用し、ビル内にネットワーク化されたスマートライティング導入につきものの立ち上げの複雑を解決する。SmartCast PoEは、本来のSmartCast技術同様にボックス外で機能し、ビル全体が一発で同時に立ち上がるようにする。クリーの一連のSmartCast照明、照明スイッチ、調光器は、Ciscoの標準ベースPoE駆動ネットワークアーキテクチャで動作する。このプラットフォームは、標準Ethernetケーブルにより、照明に電力とネットワーキングを提供し、分離されたデータと高圧パワー接続を不要にする。
 PoE付SmartCastテクノロジーの最初の導入は現在行われており、商用利用は2016年第2四半期の予定。