All about Photonics

Products/Applications 詳細

ビーコ、K475i As/P MOCVDシステムを発売

February, 23, 2016, Plainview--ビーコ(Veeco Instruments Inc)は、TurboDisc K475i As/P 有機金属気相成長法(MOCVD)システムを発表した。用途は、赤、オレンジ、黄色(R/O/Y)発光ダイオード(LED)、多接合III-V太陽電池、レーザダイオードおよびトランジスタの製造。
 Yangzhou Changelight Co., Ltd.ゼネラルマネージャー、Shuangxiang Zhang氏は、「K475iは、他に例を見ない歩留まりと輝度を素早く達成した。これにより当社は、赤、オレンジ、黄色のLEDおよび他のAs/Pベースのデバイスの伸び続ける需要に応えることができる」とコメントしている。
 調査会社ストラテジーズ・アンリミッテド(Strategies Unlimited)によると、R/O/Y LED需要は、2023年まで年率10%で成長する見込みだ。これらのLED需要の原動力となるのは、サイネージ、自動車、ディスプレイ、照明アプリケーションとウェアラブルスマートデバイスのような新しいアプリケーション。
 独自のターボディスク(TurboDisc)とUniform FlowFlange MOCVD技術を実装した新しいK475iシステムにより客は、代替システムと比較して、ウエハあたりLEDコストを最大20%削減できる、とビーコは主張している。これはクラス最高の歩留まりと運用費用削減によるものである。