All about Photonics

Products/Applications 詳細

OIF、CFP2-ACO実装合意を承認

February, 22, 2016, Fremont--光ネットワーキングフォーラム(OIF)会員は、プラガブルコヒレントオプティクスモジュール利用についての実装合意(IA)を承認した。
 CFP2アナログコヒレントオプティクス(CFP2-ACO ) IAによって、一対のシングルモード光ファイバで双方向デュアルポラリゼーションコヒレント光シグナリング伝送に必要なすべての機能を含んでいるるこれらのモジュールは、様々なDSPベンダからの多数のコヒレントDSP ASIC世代に適用可能となる。
 光IOのフェースプレート密度は、スイッチングやライン側トランスポートアプリケーションにとって重要基準になる。モジュールサイズ縮小ロードマップは、従来のCFPシリーズモジュールから機能をホストボードに移すことで促進される。ハイパワーエレクトロニクス機能をラインカードに移すことで、エレクトロニクスの最適冷却が可能になり、モジュール自体の信頼性向上とともにライン側アプリケーションの性能も向上する。
 「光モジュールベンダにとっては、大市場に対応できるようになり、CFP2-ACOソリューションの長寿命が期待できる。CFP2-ACOソリューションにより、メトロからリージョナルまでの伝送でライン側トランスポートにおいて大きなイノベーションとコスト削減が期待できる」とOIFボードメンバー、IAエディタ、CienaのIan Betty氏はコメントしている。
 OIFメンバー企業は、OFC2016のライブ環境でプラガブルコヒレントオプティクスのエコシステム拡張マルチベンダ相互接続デモを行う予定。