All about Photonics

Products/Applications 詳細

ADVA FSP 3000 CloudConnect、400Gメトロトライアル

February, 1, 2016, Munich--アドバ(ADVA Optical Networking)とケープタウン市は、ケープタウンのメトロトランスポートネットワークでデータレート最大400Gb/s伝送トライアルに成功した。
 このトライアルでは、既設のADVA FSP 3000基盤と最新のクラウドコネクト(CloudConnect) 400Gb/s技術を組み合わせてNyangaとMitchells Plainを接続した。これは、既設のメトロネットワークでデータレート200、300、400Gb/sのライブトラフィックを伝送する初めてのデモンストレーションの1つだった。そのような大容量達成に既存のWDM装置の利用が基盤となっており、ADVA FSP 3000を拡張して伸び続ける帯域需要を収容することができることが示された。このトライアルは、中間の300Gb/sを達成するためにDP-8QAMを利用した初めてのフィールドトライアルの1つとしても注目される。
 400Gb/sトライアルは、ケープタウン市の既存WDMインフラストラクチャを利用した、このインフラストラクチャは100km以上に広がり、首都圏全体をカバーしている。拡張性と帯域最適化ができるように設計されたADVA FSP 3000、モジュラー方式光ネットワーキングプラットフォームを基盤にしてメッシュネットワークが構築されている。並外れて高いチャネル容量を達成するために、ここでは2波長スーパーチャネルを利用した。データレートは、200、300、400Gb/sの間でスイッチされ、ネットワークの変化するトラフィックと伝送品質要件にしたがって、容量がどのように自動調整されるかを示した。DP-8QAMで300Gb/sチャネル伝送成功は、大きな成果と言える。変調フォーマットは、信頼性を高めながらもファイバ利用を最適化するために、より低いSNRに対処できるようになっている。