All about Photonics

Business/Market 詳細

UV消毒設備市場、2020年に36億ドル

November, 17, 2015, Bedford--アライドマーケットリサーチの「世界UV消毒設備-市場機会と予測、2014-2020」によると、世界のUV消毒設備市場は、2015-2020年にCAGR 21%成長で、2020年には36億ドル規模に達する。
 UV消毒設備のアプリケーションで最も大きな売上は水処理であり、現在、市場全体の50%超となっている。北米が最大のUV消毒装置市場で、それにヨーロッパ、APACが続いている。
 環境問題の増加、水溶液の有害産業廃水からの毒性レベル上昇、淡水源の縮小などが、市場成長を後押しする主因の一部となっている。UV消毒技術は急速に塩素ベースの消毒技術に取って代わりつつある。商用顧客だけでなく住宅顧客の間でも人気が出てきている。これは、残留物がすくないことと低い導入コスト、メンテナンスの容易性のためである。
 北米やヨーロッパ市場の急成長は、技術の早期採用と奨励的な政府の規制に補完されたものである。これらの地域全体で、世界市場規模の約3/4を占めている。LAMEA(ラテンアメリカ・中東・アフリカ)地域はCAGR最速成長が見込まれており、その直ぐ後にAPACや北米が続いている。