All about Photonics

Business/Market 詳細

オプティカルデータセンターインタコネクト市場、2019年に50億ドル

November, 16, 2015, Gilbert--ACGリサーチは、2015年第2四半期(2Q15)世界オプティカルデータセンタインタコネクト(DCI)市場シェア分析、DCIアプリケーション利用のためにサービスプロバイダーが購入する光インフラストラクチャプラットフォームの2014-2019年の世界的予測を発表した。
 オプティカルDCI製品セグメントには、ロングホール(LH)とメトロ導入用に設計された製品が含まれる。また、大規模マルチスロットシャーシプラットフォームとスモールフォームファクタ(SFF)オプティカルアプライアンスをベースにした市場を並列して見ている。2Q15の世界的DCIサプライヤ上位3社はCiena、Infinera、Alcatel-Lucent。
 オプティカルDCI装置の購入は、予測期間を通じてCAGR 44.9%で成長し、2014年の11億ドルから2019年には47億ドルに達する見込だ。メトロDCIプラットフォーム(150mまでのDCI接続をサポート)の販売は、継続してLHを上回る。メトロとLHは、それざれCAGR 51.5%、24.6%で成長する。予測期間を通じて、アメリカ、特に北米がオプティカルDCIで地理的に優勢を維持する。EMEAとAPACではオプティカルDCIの成長は著しいが、それぞれアメリカ市場規模の半分程度にとどまる。
 今日までのオプティカルDCI導入の大半はマルチスロットシャーシ製品であったが、SFF オプティカルDCIアプライアンスが急速に市場に登場してきている。これは、2014年後半に発表されたInfineraの2ラックユニット(2RU) Cloud Xpressが市場を牽引しているためである。最近、他のベンダから発表されたオプティカルアプライアンスカテゴリには、CienaのWaveserver、富士通の1Finityプラットフォームがある。ADVAも先頃FSP3000 CloudConnectプラットフォームを発表しているが、同社はオプティカルDCIアプリケーションに「適切なサイズ」として4RUシャーシを採用している。この高成長製品セグメントでは今後さらに製品発表が予想される。予測期間の最終年では、売上高が大型マルチスロットシャーシソリューションに匹敵するレベルに近づくと見られているからである。