All about Photonics

Business/Market 詳細

イメージセンサ市場は2020年に175億ドル

October, 28, 2015, Maharashtra--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の「イメージセンサ市場、2020年までの予測」によると、市場は2015-2020年の期間にCAGR 10.30%で成長して、2020年には175億ドルに達する見込だ。
 イメージセンサの進歩が、デジタルカメラ、コンシューマエレクトロニクスのカメラモジュール、医療イメージング、自動車分野などの様々なイメージングデバイスへの搭載を後押ししてきた。イメージセンサ技術の2つの主要タイプは、CMOSとCCD。
 イメージセンサ市場は、技術、仕様、アプリケーションをベースにして分けられている。アプリケーションでは、市場は航空宇宙、自動車、コンシューマエレクトロニクス、ヘルスケア、工業、エンタテーメント、セキュリティ&監視とその他に分けられている。その他のアプリケーションには、モーションキャプチャ、バーコードスキャナ、文書スキャナが含まれる。自動車分野は、2015-2020年の期間にCAGR 15.91%の高い成長が予測されている。中でも運転者支援システム(ADAS)による運転補助と安全についての関心の高まりが、自動車分野のイメージセンサ採用の原動力となっている。コンシューマエレクトロニクスは、イメージセンサ市場でのシェアが大きい。デュアルカメラ・モバイルフォンの成長トレンドがイメージセンサ出荷の倍増に寄与すると見られており、これがイメージセンサ市場のコンシューマエレクトロニクス分野を押し上げている。
 地域別に見ると、2014年ではAPACがイメージセンサ市場で最大シェア、~37%だった。2015-2020年の期間ではCAGR 11.88%で成長すると予測されている。北米とヨーロッパ市場も、2015-2020年にそれぞれCAGR 9.39%、8.65%で成長すると予測されている。