All about Photonics

Business/Market 詳細

バイオメトリクス市場、スマートフォンの指紋センサなどで拡大基調

October, 15, 2015, London--ABIリサーチの「バイオメトリック技術とアプリケーション」によると、増え続ける中国のスマートフォンベンダは、指紋センサを装備したデバイスに投資している。スマートフォン用の指紋センサは、CAGR 17%で増加して2020年の出荷数量は10億に達すると見られている。
 スマートフォンデバイスのバイオメトリクス(生体認証)は、単純な認証オプションを超え、より堅固なモバイル支払ソリューションの座の確立に向かっている。しかし、他の生体認証方式、顔、声、眼をベースにした認識は、現在初期段階を脱しつつあり、高価ではあるが、極めて安全性の高い生体認証機能としてスマートフォンデバイスに組み込まれると見られており、5年のCAGR 売上成長は144%と予測されている。
 銀行、金融分野では、以前からATMの増加が切望されている。ATMは、現在、主要な本人確認形態として指紋静脈や掌静脈技術を追加し組み込もうとしているが、一方で声認識が詐欺防止ソフトウエアとして主流の座を維持すると見られている。虹彩認識も、論理的および物理的アクセス制御形式として、ヘルスケア分野では人気が出てきている。病院はバイオメトリックベースの患者IDや電子医療記録(EMR)ソフトウエアへの投資を徐々に増やしている。