All about Photonics

Business/Market 詳細

クラウドコンピューティング市場は5年でほぼ3倍に

October, 13, 2015, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)によると、クラウドコンピューティングは、著しく増加する。クラウドに移行する小企業がもっと増えるからである。クラウドコンピューティング構築需要が増加するにともない、光システムや光コンポーネントの必要性が、今後短期間に急増することになる。
 クラウドコンピューティングによってアプリケーションソフトウエアがインターネット対応の機器で動作する。クラウドには、パブリック、プライベートまたはハイブリッドがある。クラウドコンピューティングは、コヒーレンスや規模の経済を達成するためにリソースの共有に依存している。クラウドコンピューティングは、SaaS、グリッドコンピューティングやユーティリティコンピューティング、アプリケーションサービスプロビジョン(ASP)を含む、多くのフェーズを通じて進化してきた。
 高速データ伝送と膨大な量のデータの蓄積、これら両方に対する要求拡大が光システムやコンポーネントシステムの成長を加速している。他の成長要素に含まれるのは、多数のユーザによる蓄積データへのアクセス需要の増加、様々なアプリケーションセグメントでクラウドシステムの拡張性とコスト効果。
 クラウド光システムと光コンポーネント市場は、2015-2020年の5年のCAGR 20.7%成長を反映して、2015年に12億ドル、2020年には約31億ドルに達する見込だ。光ネットワーク装置は最大市場セグメントで、CAGR 16.1%で成長し、2015年、2020年それぞれで、4億1220万ドル、8億6780万ドルに達すると予測されている。光増幅器は、最速成長セグメントで、CAGR 35.5%で成長し、2015年、2020年それぞれで4730万ドル、2億1620万ドルに達する見込だ。
 クラウドコンピューティング向け光システムと光コンポーネント市場は、予測期間を通じて堅調な成長が予測されている。これは、クラウドコンピューティングシステムの出現が続き、クラウドで利用できるアプリケーションの数が増加するからである。企業が処理をクラウドに移行するにともない、クラウドリソースに対する需要が激増する。
 「光システムと光コンポーネントは、クラウドコンピューティングシステムの不可欠の要素である。クラウドコンピューティングシステムが漸次的に出現してきたことで、光コンポーネントの利用は過去数年で増加した。PONは、クラウドコンピューティングシステムで最も利用されるシステムの1つである。また、急速な都市化と、情報と技術のクラウドコンピューティング利用によって、光システムに対する需要が急速に増加すると見られている」とBCCリサーチのアナリスト、Sinha G. Gaurav氏は分析している。