All about Photonics

Business/Market 詳細

VI Systems、パラレルオプティクスのUS特許取得

July, 27, 2015, Berlin--VI Systems GmbHは、米国特許商標庁(USPTO)が同社の米国特許申請に対して特許査定通知書を発行したと発表した。この特許は、パラレル(並列)オプティクデータ伝送製品で使用可能な面発光、受信コンポーネントに基づいた高速信号伝送向けのオプトエレクトロニクスアセンブリをカバーする。
 VI Systemsは、認可された特許「高速伝送向けオプトエレクトロニックアセンブリ」は、同社独自の超高速VCSELというコンセプトを保護する上で重要であると説明している。特許は、申請番号US 13/846,392で申請されている。
 この発明は、パラレル光送信器と受信器で使用できるオプトエレクトロニックアセンブリに関連している。また、最適化されたマイクロアセンブリが含まれており、これはパラレルトランシーバ、アクティブ光ケーブル向けの光エンジンとして高周波パフォーマンスとチップスケールマイクロオプティクスという独自の組合せを意味する。
 短距離通信では、パラレルオプティクスはEthernet 100Gbps IEEE.802.3bmや400Gbps Ethernet IEEE P802.3bs 、128Gbpsファイバチャネル128GFC、データ通信システムにおける組込オプティクスなどの標準製品で引き続き重要な役割を果たすと見られている。
 VI Systemsは現在、25Gbpsシングルチャネルデータレートをベースにした100Gbpsと400Gbpsパラレルオプティクスデータリンクのテストボードを提供している。850nm VCSELはベアチップ、ファイバ結合テストモジュールで提供可能。シングルチャネル光トランスミッタおよびレシーバモジュールは、データレート50Gbpsまでが提供可能。