All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のソーラPV導入の売上高は2024年に1510億ドル超

July, 23, 2015, Boulder--ナビガントリサーチ(Navigant Research)は、太陽光発電(PV)市場調査レポートを発表した。これは、2024年までの地域および国別の容量、売上高予想を含んでいる。
 モジュールの供給過剰と人工的な低価格化を受けてソーラPVは間もなく、高コスト、補助金付エネルギー源から、他のエネルギー技術に取って代わる可能性がある成長市場にシフトする見込みだ。この10年の終わりまでには、ソーラPVは、モジュール価格と導入コストの継続的下落により、世界の大部分で小売電気価格でコスト競争力を持つようになると予測されている。ナビガントリサーチの調査によると、ソーラPV導入の世界的な年間売上は、2024年には1516億ドルを超える。
 シニアリサーチアナリスト、Roberto Rodriguez Labastida氏は、PV市場について、FIT依存と環境問題意識を持つ裕福な自宅所有者への依存から経済的な電源に移って行くと見ている。
 次の10年で、拡大するソーラ産業は価値連鎖全体の大手プレイヤーに様々な成長機会をもたらし、企業が国際的な商機を追求するにともない競争が激化する。同レポートによると、これは利益に対する継続的な圧力になり、さらなる垂直統合、M&Aを促進する。