All about Photonics

Business/Market 詳細

センシングやダイナミックコーティング技術に大きな可能性

July, 23, 2015, Boston--ラクスリサーチ(Lux Research)の「スマート化する表面:新しいコーティング、市場、機能を探す」によると、現在コーティングは保護や他の静的機能を提供しているが、新しい世代の技術は「スマート」、つまり環境に応じて変化するようになる。このような機能の潜在力は軍事、航空から医療までの産業にインパクトを与えている。
 「スマートコーティングが登場してきて、より動的な、ハイパフォーマンスの製品に道を開く」と調査レポートのリードオーサ、Anthony Schiavo氏はコメントしている。
 「このようなイノベーションの多くはまだ研究段階にあり、技術的、開発的課題に直面しているが、いずれそれらは市場に影響を与える」と同氏は見ている。
 ラクスリサーチのアナリストは、機能とスマートコーティング技術および開発者の両方の技術的、市場的潜在性を評価している。
・疎水コーティングの決め手はパートナーシップと規模。疎水コーティング領域で明確な勝者は、性能測定基準ではなく、パートナーシップを形成し、技術を拡張する能力によって際立ってくる。
・液体注入コーティングではLiquiGlideがリード。液体注入コーティングは、ローコスト、1ドル/m2 を背景に急速に伸びてきており、今ではパッケージングに影響を与える位置にある。
・セルフヒーリング(自然回復)コーティングは、まだ動きが緩慢。セルフヒーリングコーティングは、成長が緩慢であるが、市場からの引き合いや特許申請活動は、この技術の将来性を示唆している。