All about Photonics

Business/Market 詳細

40/100GbE MPOコネクタ市場予測

June, 29, 2015, Aptos--ElectroniCastによると、北米の40GbEと100GbEでのMPO光コネクタ利用は、2015年に6000万ドルに達する見込みだ。
 エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、40Gと100G Ethernet標準通信ネットワークリンクにおけるMPO光コネクタ利用の年間市場予測を発表した。
 ビデオ、仮想化(クラウドコンピューティング)、スイッチング/ルーティングおよびコンバージェンスなどのアプリケーションがデータセンター、集中エンタプライズデスクトップ、常時接続モバイル機器-4G/LTE、FTTx導入などで帯域拡大要求を押し上げている。
 10GbEのデータセンターへの展開は続いていくが、「将来も使える」ということから、特にネットワークの生産性やOPEXに関連して、40/100Gが継続して伸びると見られている。10/40/100Gポート需要は急ペースで伸び続け、これによって高度集積、低消費電力が促進される。
 ElectroniCastによると、北米40GbEと100GbEネットワークにおけるMPO光コネクタの利用は、2015年に6000万ドルに達し、前年(2014年)比で2倍となる見込みだ。全体の消費額は、15.9%の力強い年平均成長率で増え、2020年には1億2600万ドルに達すると予測されている。この市場調査での市場予測データは、特定暦年の消費に関するもので、累積データではない。
 市場予測は、シングルモードおよびマルチモード12芯と24芯MPOコネクタに分けられており、さらに40Gと100Gでの利用に分けられる。