All about Photonics

Business/Market 詳細

Huawei Marine、MCT海底ネットワーク建設契約

May, 28, 2015, Phnom Penh--ファーウェイマリーンネットワークス(Huawei Marine Networks Co. Ltd)は、マレーシア-カンボジア-タイ(MCT)海底ケーブルシステム建設を目的とするコンソーシアム(Telekom Malaysia Berhad, Symphony Communication Public Company Limited and Telcotech Limited)と契約し、システム設計と海底ケーブルシステムの建設を行う。
 MCTケーブルシステムの距離は約1300kmで、マレーシアのチェラティン(Cherating)、タイのラヨーン(Rayong)間を接続し、ブランチングユニットで幹線とカンボジアのシアヌークヴィル(Sihanoukville)を接続する。ラオスやミャンマーなどの近隣諸国へのアクセスは、陸上のネットワーク接続を通じて行われる。MCTケーブルシステムは、最新の100G技術を採用して、設計容量は30Tbpsを超える。運用開始、および商用サービスは2016年末の予定。