All about Photonics

Business/Market 詳細

テレコムオプティクス市場、2016年まで100Gトランシーバ成長抑圧

May, 15, 2015, Cambridge--IHS Infoneticsの半年ごとの「10G/40G/100Gテレコムオプティクス」レポートによると、2014年、テレコムサービスプロバイダに販売された10、40、100Gb/s光トランシーバは、前年の8億2000万ドルから7%落ち込み、7億6200万ドルとなった。
 調査ダイレクター、Andrew Schmitt氏は「テレコムトランシーバ市場の落ち込みは、垂直統合100Gネットワーク装置メーカーが、10Gと40Gテレコム光モジュールを置き換えているからである。当社は、非コヒレント80kmソリューションに続くCFP2-ACOソリューションが市場に影響を与える2016年まで反転現象を予想している」とコメントしている。
主な調査結果
・100G WDMトランシーバ出荷は、2014年に急増。これは、Huaweiからの極大成長、Alcatel-Lucent、Ciena、Cisco、Infineraからの相当量の出荷によるもの。
・これら5ベンダーが100Gコヒレント市場の84%を占めている。これがスタンドアロンコンポーネントベンダーの適切な参入を阻んでおり、スタンドアロン光モジュールの売上額成長を抑圧している。
・テレコム10Gは、15年にわたる最高値を経験した後、長期低下が始まっている。前年比で可変波長と固定波長インタフェースが落ち込んだ。
・100G激増は10G WDMインタフェースの消費を減速させているが、2016年にメトロで100G出荷が大量になると、伸びる。
・40Gテレコムモジュールとネットワーク装置(NEM)出荷は消失している。中国以外での出荷は基本的に終わった、また中国内でさえ導入は頭打ちになっている。