All about Photonics

Business/Market 詳細

光スイッチ市場はCAGR 17%で成長

May, 11, 2015, Wellesley--インターネット、マルチメディアアプリケーション、テレコミューティングの急増がデータトラフィック爆発の原因になっている。データトラフィックは、年に30~50%で成長すると予測されている。
 BCCリサーチ(BCC Research)の光スイッチレポートによると、市場は2013年に28億ドルだった。2014-2019年の期間に光スイッチ市場はCAGR 17%で成長して2019年には72億ドルを超える見込みだ。
 世界のデータ通信ネットワークは、増加し続ける帯域需要のために、光ファイバの利用に移行した。これは、成長が続くソーシャルネットワーキング、クラウドコンピューティング、モバイル機器の利用によってデータトラフィックが飛躍的に伸びた結果。ビッグデータやクラウドサービスが重要度を増してきており、企業はデータの大規模サンプルをモニタし熟覧する技術と応用スキルの両方を持つ必要がある。
 マイクロエレクトロニクス・メカニカル光スイッチ(MEMS)は、機械式光スイッチと合わせて、光スイッチ全体で23%を超える市場シェアとなる見込みだ。全ての光スイッチの中で現状ではMEMSが市場全体の29.9%を占めており、これに続くのが波長光スイッチで13.7%。ファイバブラッググレーティング(FBG)ベースのスイッチは、予測期間においてCAGR 18.9%と最高の成長率が予測されている。
 BCCリサーチアナリスト、Sinha G. Gaurav氏は、「最近光スイッチが通信分野で、また他の通信目的で幅広い人気を獲得している」と指摘する。「しかし革新的なR&Dにより、光スイッチは多くの新しいプロセスの開発で重要な役割を担うことができる。そうしたプロセスには、ローコストで高速な超長距離の音声とデータ通信の開発も含まれる」。
 コストが下がり、効率が改善されるので、光スイッチはDWDMマネージングの重要要素になっている。
 レポートでは光スイッチのタイプを、メカニカル、MEMS、液晶、SOAスイッチなどに分けて調査している。