All about Photonics

Business/Market 詳細

フリースペース光通信技術の値頃感が需要を喚起

April, 28, 2015, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)のフリースペース光通信レポートによると、この技術が光ファイバネットワークと同じ帯域と伝送容量を提供できることがフリースペース光通信重要を喚起する主要素の1つになっている。
フリースペース光通信市場は、2013年の4190万ドルから、2014-2019の予測期間にCAGR 53.3%で成長して2019年には5億110万ドルに達する。2014年のフリースペース光通信全体で、ディザスタリカバリとともに、データ伝送が、40%超の市場シェアとなった。
2014年の市場全体では、全てのフリースペース光通信の中でデータ伝送がシェア23.3%となり、僅差(20.1%)でディザスタリカバリが続いている。ヘルスケアファシリティ分野は、2014-2019年の期間にCAGR 54%の最高成長率が予測されている。世界のフリースペース光通信市場ではヨーロッパが最大市場シェア、これに北米(NA)、アジアパシフィック(APAC)、その他の世界(RoW)と続いている。
フリースペース光通信技術は、メトロ光ネットワークコアの拡張である。フリースペースオプティクス(FSO)システムは、データ伝送に電波の代わりに赤外光を利用する。この技術は、RF通信技術や光ファイバ通信よりも伝送コストが低い。
場合によっては銅線技術も利用されるが、これは帯域需要を満たしていない。こうしたことから、フリースペース光通信の需要が予測期間において急増すると予測されている。ビジネスユーティリティによる急速な産業化、高速通信の需要増もフリースペース光通信の需要を押し上げると予測されている。今後数年内に、ケーブルモデムやDSLなどの技術は、フリースペース光通信技術によって置き換わると予測されている。
「フリースペース光通信の大容量と手ごろな価格との結びつきがエンドユーザの理解を超えて、予測期間において需要に火を付ける」とアナリスト、Sinha G. Gaurav氏は見ている。「フリースペース光通信技術は、大気乱流や温度変化の影響を受ける。これが需要の阻害要因となる可能性はあるが、このような効果は今後の技術開発によって最小化されるだろう」と同氏は予測している。