All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dプリンティング材料市場、6億ドル超に

April, 23, 2015, Quebec--Electronics.caは、3Dプリンティング材料市場レポートを発表した。
 3Dプリンティングは現在、メディアで話題になることが多い。次の産業革命、製造業を西側に戻す技術と言われているが、実際の所はその用語には多くの技術が含まれており、個々の技術は特殊な材料タイプでの利用に適合している。
 実際3Dプリンティングの材料市場は、今日の3Dプリンティング産業で最も議論が盛んな問題となり得る。3Dプリンタメーカーは、エンドユーザが競争制限的と感ずるような行動に走っている。材料カートリッジにキーコードやRFIDタグをつけることで独自の材料サプライヤに顧客を固定(ロックイン)しており、これは関係する材料の独占価格形成を可能にする行動である。
 3Dプリンティング用の新たな材料の開発は、3Dプリンタメーカーによるロックイン行動によって妨げられることもある。サードパーティの材料サプライヤの参入障壁は高い。そのような市場参入者は、材料開発を加速し、競争市場に進むために必要な規模の経済が得られない。
 短期・中期的には、材料価格の下落圧力は主に、ロックイン行動をとらない3Dプリンタ製造分野への新規参入によって促進される。また、エンドユーザが購買力を行使することが価格下落圧力となることもある。
 2025年までは、フォトポリマ(感光性樹脂)市場が最大市場セグメントの座を維持する。とは言え、プロトタイピング/ツールアプリケーションから最終製品製造へ移行することで、他の材料市場が生産トン数で市場シェアを獲得していく。
 最高成長が予測されるのは、金属粉末市場。とは言え、製造量は、現状で30トン/年以下であり、比較的低いレベルにとどまる。これは、高い原材料価格および加工価格と結びついており、代替3Dプリンティング材料と比べるとこれらの材料の価格下落は、より緩慢であると予測している。ロックインが慣行になっており、価格が高止まりしている旧態依然のシナリオでも市場は着実に成長する。