All about Photonics

Business/Market 詳細

赤外イメージング市場、2020年に84億5000万ドル

April, 7, 2015, Dallas--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の調査「赤外イメージング市場-分析&予測2014-2020」によると、市場は2014-2020年の期間にCAGR 6.50%で成長して、2020年には84億5000万ドルに達する見込みだ。
 IR業界の最近のイノベーションが信頼性向上、コスト削減、非接触IRセンサを実現し、可動式で小型の計測ユニットが提供できるようになった。IR市場で優位を占めている非冷却IRディテクタが、IRイメージング業界に大きな技術的進歩をもたらした。多様な技術と波長をベースにしたIR製品が利用できるようになっており、しかも信頼性は改善、生産性も向上し、価格も手ごろになってきている。このため、多くの産業分野でこれらの製品の利用が広がっている。
 調査レポートは、世界の赤外イメージング市場と、今後の商機、成長の原動力と障害を詳細にカバーしている。
 IRイメージングは成長市場である。この市場には、IRレンズシステム、IRディテクタ、IRセンサおよび他の機械的コンポーネントなど、主要なIRコンポーネントが含まれている。このレポートでは、IRイメージング市場全体を5つの主要セグメント、コンポーネントタイプ、技術、波長、アプリケーションおよび地域に分けている。技術に含まれるのは、冷却タイプと非冷却タイプ、波長は短波長、中波長、長波長、IRイメージングのアプリケーションは家電、監視、航空/防衛、自動車、産業、消防がこのレポートで詳細に取り上げられている。