All about Photonics

Business/Market 詳細

暗視イメージングシステム用のLEDs市場予測

April, 7, 2015, Aptos--エレクトロニキャスト(ElectroniCast Consultants)は、暗視イメージングシステム(NVIS)用LEDs世界消費市場予測レポートを発表した。このLEDsは、軍、警察、緊急医療(EMS)および関連のアプリケーションなど、非民生アプリケーションの照明に準拠している。
 NVIS適合照明で使用されるLEDsの世界消費額は、2014年に7498万ドル、予測では2021年には1億7813万ドルに達する。このレポートの市場予測データは、特定暦年の消費額であって、累積データではない。
 
軍事分野がNVIS市場で優勢
 NVIS適合照明(暗視ゴーグルに適した)用LEDsの世界的消費は引き続き軍事市場分野が優勢を占めると予測されている。2014年、軍事カテゴリ暗視ゴーグル(NVG)フレンドリ照明におけるLEDsの利用は7232万ドルに達した。
 「暗視適合(NVC)デバイスにおけるLEDsの利用増は、次のような市場動力学が原動力となっている。技術の進歩、サイズ、重量および苛酷環境(軍/戦争)における耐性、メンテナンスの軽減、生態系/省エネ懸念」とElectroniCastのLED照明市場調査グループディレクタ、Stephen Montgomery氏は説明している。
 「暗視ゴーグルを使用する軍人や警察官は、照明を当てたディスプレイを読むことができなければならない、そのようなディスプレイがゴーグルの性能を妨げてはならない。ディスプレイは、暗視を使用していないものにも読めなければならない」と同氏は付け加えている。

NVC船舶用照明
 海軍/陸軍分野では、NVC照明の利用を積極的に増やしている。この領域では、NVIS照明のアップグレードを行っている。これは、飛行可能な船に切り替えるという要求に取り組んでいるためである。NVC船舶照明は、暗視ゴーグルを着用したパイロットの安全な着陸を妨げることなく、乗員に利益と安全性を提供する必要がある。