All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車HUDs市場は2024年までCAGR 27.3%成長

February, 23, 2015, London--ABIリサーチ(ABI Research)の調査によると、2024年には出荷される民生用車両の約1/3に何らかの形のHUD(head-up display)が実装されるようになる。
 市場拡大の大部分は、コンバイナユニットに起因する。「コンバイナHUDsの製造コスト低下と小型化により、価格重視の小型車両でこの種のディスプレイが伸びる。この成長は、ドライバーの目を道路前方に固定しておくと言う基本的コンセンサスによって促進されるものである」とリサーチアナリスト、James Hodgson氏は祖適している。
 従来のヘッドユニットは、仮想計器類およびHUDsに統合されてドライバーに情報を提供する。これらはナビゲーション、オンボードオーディオ、ADASシステムからの入力関連の一切となる。こうしたディスプレイは、適応性のある再設定可能な視覚インタフェースを必要とするが、コネクティッド車両の普及にともない、力強い成長を示すようになる。多様なクラスの車に種々の物理的制御を作るよりも、少数の共有ディスプレイ向けに異なるユーザインタフェースを開発するだけで異種性が達成できるので、設計優位性も大きい。再設定可能なディスプレイによって、エンドユーザは一段と個別化を進めることができ、様々なアフターサービス市場の商機が開け、コンシューマは自分の車専用の新しい外装、テーマに沿ってカスタマイズできる。
(詳細は、www.abiresearch.com)