All about Photonics

Business/Market 詳細

シリコンフォトニクス市場、2020年に4億9753万ドル

February, 9, 2015, Dallas--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)は、「シリコンフォトニクス市場-グローバルトレンドと予測2014-2020」を発表した。それによると、シリコンフォトニクス市場は、2014-2020年の期間でCAGR 27.74%で成長し、2020年には4億9753万ドルに達する見込みだ。
 この市場の主要プレイヤーは、インテル、浜松ホトニクス、フィニサ、IBM、ラクステラ、STマイクロエレクトロニクス、3Sフォトニクス、オクラロ、メラノクス、インフィネラ。
 シリコンフォトニクス市場は、期待できるCAGRで伸びており、大きな潜在力がある新興技術。シリコンフォトニクスは、高速データ転送、膨大なデータを小型デバイスに組み込めるなどの先進的な特徴により、様々な企業が製品ポートフォリオに組み込んでいる。光導波路、変調器、フォトディテクタなど様々な製品を単一のデバイスに集積できるので、シリコンフォトニクスを利用することにより小さなフォームファクタが可能になる。WDMフィルタ(WDMF)やシリコン光変調器(SOM)製品は、現状の北米市場では最もシェアが高い。したがって、予測期間では、シリコンフォトニクス市場におけるWDMFやSOM製品が成長する可能性が高い。