All about Photonics

Business/Market 詳細

光コーティング市場の成長に拍車をかけるコンピューティング機器

December, 1, 2014, Quebec--ELECTRONICS.CA PUBLICATIONSは、光コーティング市場についての包括的なグローバルレポートを発表した。
 光コーティンググローバル市場は、2020年には132億ドルに達すると予測されている。この市場の成長の原動力となっているのは、コンピューティング機器の需要激増、太陽電池の普及拡大、コーティングの新しいアプリケーション拡大。
 光学性能を強化するために基板に適用される材料薄層として定義された光コーティングは、フラットスクリーンディスプレイやレンズの製造に使用されている。家電製品の需要急増、特にスマートフォン需要が市場成長の原動力となっている。光コーティングは、これらの製品のスクリーンディスプレイでは、ディスプレイの保護強化、パフォーマンス最大化、優れた美観を生むために利用されている。LED照明への移行も市場にとってよい兆候。光コーティングはパフォーマンス向上にためにLEDでますます使われるようになっているからだ。また、建物一体型太陽光発電(BIPV)やオプトエレクトロニクス分野など特殊用途からの需要も市場成長を促進するものと見られている。
 光ファイバコンポーネントの需要増にともない、通信分野も成長機会に拍車をかけている。反射防止膜(AR)は、この分野で用いられる光ファイバの耐久性と接着性に大きく貢献している。
 光コーティング市場レポートによると、米国が世界最大市場であるが、APACは最速成長市場であり、予測期間ではCAGR 11.1%で成長する。