All about Photonics

Business/Market 詳細

3Q14北米光トランスポート投資、前年比13%の落ち込み

November, 21, 2014, Redwood City--DellOro Groupのレポートによると、北米の光トランスポート需要は、2014年第3四半期に前年同期比で13%落ち込んだ。
 「第3四半期になるまでは、北米の光伝送装置需要は極めて堅調だった。しかし、1四半期で、光装置市場は突然マイナスに転じた。これは、北米の主要なTier1サービスプロバイダが導入を減らし、トランスポート装置に対する支出を削減したためである。今期の光装置購入削減は、恐らく必要なネットワークアーキテクチャ判断によるものだ。今年の残りと来年は、あまり明るくなるとは考えられない。これは、最大通信オペレータの1社、AT&Tが2015年は投資を削減する意向を示しており、FCCがネットニュートラル政策を明らかにするまでは一定のネットワーク拡張を控えるとしているためである」とDellOro Groupの光トランスポート調査担当VP、Jimmy Yu氏は分析している。
 北米における光トランスポート装置売上の落ち込みの大半は、メトロ向けWDMが前年同期比で17%落ち込んだためである。