All about Photonics

Business/Market 詳細

25G/50Gの評価が待ちきれずデータセンタで40G採用急増

November, 21, 2014, San Francisco--クレハンリサーチ(Crehan Research Inc)の調査レポートによると、40GbEデータセンタネットワーキング採用が大きく加速している。
 クレハンの最新のサーバクラスアダプタとLOM(LAN-on-motherboard)レポートは、これらの製品では40GbEが3Q14に年間ランレートがすでに25万ポートに近づいており、4Q14までには4倍、100ポートに達すると見ている。今後発表される3Q14データセンタスイッチレポートでは、クレハンは40GbEも力強い成長パタンが続くと予測している。
 クレハンリサーチ社長、Seamus Crehan氏は、「2014年の40GbEデータセンタネットワーキングの成長展望では当社は非常に強気だったが、この市場のあるセグメントではすでにわれわれの予測を超えている」とコメントしている。
 同氏の分析によると、データセンタネットワーキングトラフィック需要は、業界によっては非常に旺盛なところがあり、顧客は今後の25GbEや50GbEオプションの評価を待っていられない。「先に進んで、10GbEよりも速いスピードを直ぐに導入する必要がある」と同氏は分析している。
 クレハンのレポートでは、40GbEサーバアダプタ出荷の大半はメラノクスが占めている。ただし、40GbEデータセンタスイッチポート出荷ではCiscoがシェアでトップに立っている。