All about Photonics

Business/Market 詳細

軍用電気光学/赤外システム市場、2020年に163億ドル

November, 13, 2014, Washington--マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)の調査「軍用エレクトロ・オプティカル/赤外システム市場-2020予測」によると、世界のEO/IRシステム市場は、CAGR 7.71%で成長して、2020年には163億5000万ドルに達する見込だ。
 同レポートは、市場をタイプ(イメージ倍増、レーザ、赤外)ごと、システム(イメージング&ノンイメージング)、センサ技術(スキャニング、スターリング、マルチスペクトラル、ハイパースペクトラル)、プラットフォーム(航空機、地上設置、海上)ごとに分けて予測している。
 電気光学/赤外(EO/IR)システムによって軍は並外れた力を獲得することになる。特に、EO/IRシステムは、近代軍事力の諜報、監視、偵察(ISR)、諜報、監視、目標捕捉と偵察(ISTAR)にとって不可欠。EO/IR能力は重要な増力装置と見なされており、正確でタイムリーな監視と偵察に基づいた兵力の柔軟な配置を可能にするものである。
 この市場のリーダーの採用によりイメージング技術に強気配が見られる。赤外システムは予測期間中に急速に伸びる。北米は防衛予算削減により、他の地域よりも予測期間でわずかに減少する見込みである。中国、インド、ブラジル、ロシア、サウジアラビアは新興経済と見なされており、EOシステム需要の激増が予測される。
(詳細は、www.marketsandmarkets.com)