All about Photonics

Business/Market 詳細

シリコンフォトニクス市場、2028年に50億ドル

May, 25, 2023, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「リセッションの影響分析シリコンフォトニクス市場、製品(トランシーバ、スイッチ、センサ)、アプリケーション(データセンタ&HPC、通信)、導波路、コンポーネント、地域、2028年までのグローバル予測」によると、市場は2022年に13億ドル、2023ー2028年にCAGR 28.5%成長で2028年に50億ドルに達する見込である。
シリコンフォトニクス市場成長を加速する要因は、テータセンタでCMOS集積シリコンフォトニクス技術、シリコンフォトニクストランシーバ利用による省エネ重視、高まる広帯域と高データ転送能力要求、高速広帯域サービス需要の急増。

データセンタ&HPCアプリケーションが予測期間に最高CAGR成長
データセンタ&ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けのシリコンフォトニクス市場は、予測期間に最高CAGR成長が予想されている。データセンタは、クラウドコンピューティング増加によるデータトラフィックの飛躍的増加を経験している。HPC技術進歩により、シリコンフォトニクスを使用するオプティクスの採用および組込みが増加する見通しである。

製造、エネルギーと公共事業、化学、政府&防衛、教育のような産業が、膨大なデータ量を監視し、同時にハイパフォーマンスデータ分析をサポートするためにHPCを必要としている。加えてHPCは、高精度、高速のデータ処理もできる。これらの利点がHPCの採用を後押ししている、これは順送りにこのアプリケーション向けのシリコンフォトニクス需要となる。

予測期間にレーザセグメントが最高CAGR成長
2022年レーザコンポーネントセグメントがシリコンフォトニクスコンポーネント市場で優勢だった。予測期間に最高成長率で伸びるので、この地位は変わらないと予想されている。レーザは、シリコンフォトニクスの重要コンポーネントである。光信号を生成し、長距離伝送するからである。高速データ転送と通信に対する需要が、市場の成長を後押しすると予想されている、同時にレーザは、この技術を可能にするために重要な役割を担う。データ通信でレーザを使用するだけでなく、シリコンフォトニクスは、センシング、医療、産業アプリケーションなど、他のアプリケーションでもますます利用されるようになっている。さらに、レーザは、自動運転車で使われるLiDARなどの光センシングアプリケーションで使われる。結果、レーザ市場は、この先数年、成長が見込まれている。これは、シリコンフォトニクス市場におけるレーザコンポーネントの成長にプラスの影響を与える。

北米が、予測期間を通じて最大市場シェア
北米は、シリコンフォトニクス市場の最大市場シェアを保持しており、予測期間にもその地位を維持する見込である。特にデータセンタとHPCセグメントで最高シェア。これは、同地域に、Intel Corporation (US), Cisco Systems Inc. (US), International Business Machines Corporation (IBM) (US)など、主要プレイヤが存在するためである。同地域は世界最大のデータセンタ、HPCファシリティの一部が拠点としており、高速、低消費電力インタコネクト需要を牽引している。加えて、同地域は、十分に確立されたインフラストラクチャと最新技術をサポートする規制の枠組みが存在するので、それが北米におけるシリコンフォトニクス市場の成長をさらに後押しする。