All about Photonics

Business/Market 詳細

SDNが過熱状態を脱するにともない、10GEと25GEが拡大

October, 20, 2014, Redwood City--DellOro Groupの調査によると、ソフトウエア・デファインド・ネットワーキング(SDN)市場は、2014年に前年比65%を越える成長が予測されている。
 アーキテクチャが承認され、製品導入が進行すると、ネットワークセキュリティアプライアンスやEthernetスイッチが継続してSDNインパクトの大半を構成するになり、SDNは主要なクラウドプロバイダの外側にも足場を築くことになる。
 「Ethernetスイッチ市場では、データセンタネットワークの変化に押された技術的な変化が進行しつつある。2020年までには、データセンタが今日とは全く違った様相を示すようになることは疑いない」とDellOro Group VP、Alan Weckel氏は言う。「ユーザのデータセンタへのアクセスの仕方はとどまるところなく変化するが、エンタプライズの導入やマネージメント方法、この市場のベンダも同様である。エンタプライズでは10GE、クラウドでは25GEに発展していくので、ここがデータセンタベンダおよびプロバイダにとって、増大するIT投資を獲得するポイントになる。また、技術が10GEあるいはそれ以上の速度で走る仮想データセンタに変わって行くことを理解し、そのチャンスを捉えるベンダやプロバイダは、今後7年の予測期間で増えたIT投資からシェアを獲得し、市場での位置づけが改善されることになる」と同氏は分析している。