All about Photonics

Business/Market 詳細

TRUMPF Venture、量子技術スタートアップQusideに投資

January, 25, 2023, Ditzingen/Barcelona--非常に強力な乱数発生器としてQusideのチップは、安全性が高い暗号化を確実にする。そのような乱数発生器の市場規模は、2026年までに100億ユーロ程度になると予想されている。チップは、20倍高速に、高いエネルギー効率で交通予測などのシミュレーションも可能にする。

TRUMPFベンチャーは、スペインのスタートアップQusideに数百万ユーロを投資している。同社の中核製品は、チップ内の高性能乱数発生器。光の量子力学的性質を利用して、それは完全なる乱数の組合せを非常に高速(Gb/s)に生成する。これは、メッセージの暗号化を桁違いに改善することができる。また、金融部門や気象予報で危険分析などのシミュレーションを遙かに高速に、著しく優れたエネルギー効率で行うためにも使える。チップは、CMOS適合であるので、量産が容易である。Qusideは、バルセロナ近くのCastelldefelsに本社があり、現在の従業員は約30名。2018年に設立された同社の最初の顧客は、航空宇宙など高度なセキュリティ要件をもつ分野からのものである。同社は、この先数年で、コンシューマ市場に拡大する計画である。スマートフォン、タブレット、あるいは自動車のセキュリティ向上のためにチップを使用する。

チップは、一般的な製造工程に組込可能
Qusideのチップは、メッセージの暗号化ができ、これは計算能力が高い量子コンピュータでさえも解読できない。現在、セキュリティが重要な役割を果たす産業で、すでに大きな需要がある。この先数年で同技術は、私用なデバイスで極めて重要な役割を担うことにもなる。2026年、乱数発生器の市場は、予測によると、70億ユーロ~100億ユーロ程度にはなると予想されている。

高速、省エネシミュレーション
暗号化だけではなく、Qusideのランス発生器は、一段と高速、省エネシミュレーション計算も可能にする。ことは、例えば、交通予測が、10倍高速に計算できことを意味する。エネルギー消費は、最大20倍低い。そのようなシミュレーションは、保険業、流通分野、製薬産業などでも利用される。
(詳細は、https://www.trumpf.com)